全国30,000件以上の求人

介護・看護師・薬剤師の転職応援介護・看護師・薬剤師の転職支援

ケアマネージャー・看護師・サービス提供責任者・介護職・ヘルパー・生活相談員・理学療法士・作業療法士・介護福祉士の仕事・転職

介護・福祉専門の求人

介護・福祉専門の求人情報サイト 看護師介護・福祉専門の求人情報サイト「しごとの山」

ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、介護支援専門員(ケアマネジャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務、正看護士(NS)、准看護士(NS)などの介護や福祉の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで検索、応募することが出来ます。

介護ブログリンク


【介護の本】


リンク



プロフィール

fukushijoho

Author:fukushijoho


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医療 介護 福祉 健康 医療 介護 福祉 健康

DATE: CATEGORY:福祉・医療の情報・ニュース
>>介護・医療・福祉のお仕事探しは介護求人ナビ!<<

◆インターネット上から集めた、医療・福祉の最新情報をお届け!


<講演会情報>
5月10日(火)18時45分から「なるほど なっとく介護」でおなじみの三好春樹さんの講演会開催
講師:三好春樹 参加費:3,000円

>>詳細はこちらから


Poly(β-amino Esters)を用いたヒトiPS細胞の簡便な樹立

ソーク研究所のJuan Carlos Izpisúa Belmonteらのグループにより、トランスフェクション試薬としてPoly(β-amino Esters)を用い、ヒトiPS細胞を簡便に樹立したという論文が発表されました。

ベクターとしてpCAG-OSKMG(CAGプロモーター制御下で2Aペプチドで接続されたOct4, Sox2, Klf4, c-Myc, GFPを発現するプラスミドベクター)を使い、1-4回トランスフェクションして出現するコロニーを拾っていますが、ベクターが挿入されたiPS細胞しかとれなかったようです。
(見た感じ、拾っているprimary colony自体、外来因子が発現しているのによくある形態をしています。

なお、pmaxGFPで検定した際、Lipofectamine 2000, Fugene HDのトランスフェクション効率がそれぞれ50%, 25%だったのに対し、Poly(β-amino Esters)では50-70%で、生存率も約90%だったとのこと。
(pCAG-OSKMGのトランスフェクション効率はそれぞれ、3%, 5%, 10%程度)

J Biol Chem. 2011 Apr 8;286(14):12417-28. Epub 2011 Feb 1.
Simple Generation of Human Induced Pluripotent Stem Cells Using Poly-{beta}-amino Esters As the Non-viral Gene Delivery System.
Montserrat N, Garreta E, González F, Gutiérrez J, Eguizábal C, Ramos V, Borrós S, Izpisua Belmonte JC.
Reprogramming of somatic cells to induced pluripotent stem (iPS) cells can be achieved by the delivery of a combination of transcription factors, including Oct4, Sox2, Klf4, and c-Myc. Retroviral and lentiviral vectors are commonly used to express these four reprogramming factors separately and obtain reprogrammed iPS cells. Although efficient and reproducible, these approaches involve the time-consuming and labor-intensive production of retroviral or lentiviral particles together with a high risk of working with potentially harmful viruses overexpressing potent oncogenes, such as c-Myc. Here, we describe a simple method to produce bona fide iPS cells from human fibroblasts using poly-β-amino esters as the transfection reagent for the delivery of a single CAG-driven polycistronic plasmid expressing Oct4, Sox2, Klf4, c-Myc, and a GFP reporter gene (OSKMG). We demonstrate for the first time that poly-β-amino esters can be used to deliver a single polycistronic reprogramming vector into human fibroblasts, achieving significantly higher transfection efficiency than with conventional transfection reagents. After a protocol of serial transfections using poly-β-amino esters, we report a simple methodology to generate human iPS cells from human fibroblasts avoiding the use of viral vectors.



>>看護師求人なら看護師専門サイトのナースエージェント<<


◆ネット上で配信、投稿された医療・福祉最新情報です。
スポンサーサイト


医療 介護 福祉 健康 医療 介護 福祉 健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 医療 介護 福祉 健康 情報館 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。