全国30,000件以上の求人

介護・看護師・薬剤師の転職応援介護・看護師・薬剤師の転職支援

ケアマネージャー・看護師・サービス提供責任者・介護職・ヘルパー・生活相談員・理学療法士・作業療法士・介護福祉士の仕事・転職

介護・福祉専門の求人

介護・福祉専門の求人情報サイト 看護師介護・福祉専門の求人情報サイト「しごとの山」

ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、介護支援専門員(ケアマネジャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護保険事務、正看護士(NS)、准看護士(NS)などの介護や福祉の仕事に関する求人情報を、働きたい地域や雇用形態などで検索、応募することが出来ます。

介護ブログリンク


【介護の本】


リンク



プロフィール

fukushijoho

Author:fukushijoho


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医療 介護 福祉 健康 医療 介護 福祉 健康

DATE: CATEGORY:福祉・医療の情報・ニュース
>>介護・医療・福祉のお仕事探しは介護求人ナビ!<<

◆インターネット上から集めた、医療・福祉の最新情報をお届け!


<講演会情報>
5月29日(日)13時00分から「三好春樹講演会」開催
講師:三好春樹
参加費:3,000円

>>詳細はこちらから


米ハーバード大、iPS細胞で視力回復確認

米ハーバード大学スケペンス眼研究所のチームは、マウスに新型万能細胞(iPS細胞)を移植し、目の網膜を修復する実験に成功した。
移植した細胞がまわりの神経とつながり、視力が回復したのを確認した。
網膜の機能がなくなって視力が失われる加齢黄斑変性症や網膜色素変性症などの治療法にする考え。

まずマウスの尾の皮膚の細胞を採取し、iPS細胞にするために4つの遺伝子を導入した。
その後、化合物などを使って未熟な網膜細胞に育てた。
網膜が失われる病態のマウスの目に未熟な細胞を移植したところ、4~6週間後には網膜の位置に収まった。
網膜の細胞の再生の研究は多くあるが、実際に視力の回復まで確認できた成果は少ないという。

(日本経済新聞)
http://health.nikkei.co.jp/news/index.aspx?id=MMHEa1001023052011




こちらです。


PLoS One. 2011 Apr 29;6(4):e18992.
Transplantation of Adult Mouse iPS Cell-Derived Photoreceptor Precursors Restores Retinal Structure and Function in Degenerative Mice.
Tucker BA, Park IH, Qi SD, Klassen HJ, Jiang C, Yao J, Redenti S, Daley GQ, Young MJ.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21559507

This study was designed to determine whether adult mouse induced pluripotent stem cells (iPSCs), could be used to produce retinal precursors and subsequently photoreceptor cells for retinal transplantation to restore retinal function in degenerative hosts. iPSCs were generated using adult dsRed mouse dermal fibroblasts via retroviral induction of the transcription factors Oct4, Sox2, KLF4 and c-Myc. As with normal mouse ES cells, adult dsRed iPSCs expressed the pluripotency genes SSEA1, Oct4, Sox2, KLF4, c-Myc and Nanog. Following transplantation into the eye of immune-compromised retinal degenerative mice these cells proceeded to form teratomas containing tissue comprising all three germ layers. At 33 days post-differentiation a large proportion of the cells expressed the retinal progenitor cell marker Pax6 and went on to express the photoreceptor markers, CRX, recoverin, and rhodopsin. When tested using calcium imaging these cells were shown to exhibit characteristics of normal retinal physiology, responding to delivery of neurotransmitters. Following subretinal transplantation into degenerative hosts differentiated iPSCs took up residence in the retinal outer nuclear layer and gave rise to increased electro retinal function as determined by ERG and functional anatomy. As such, adult fibroblast-derived iPSCs provide a viable source for the production of retinal precursors to be used for transplantation and treatment of retinal degenerative disease.

今さらマウス?という気もしますが一応紹介。

個人的には高橋先生のグループに世界最初に臨床にまでもっていって欲しいと思っています。


>>看護師求人なら看護師専門サイトのナースエージェント<<


◆ネット上で配信、投稿された医療・福祉最新情報です。
スポンサーサイト


医療 介護 福祉 健康 医療 介護 福祉 健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 医療 介護 福祉 健康 情報館 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。